楽器の持ち込みが許可されている賃貸物件でも、演奏時間など周囲への気配りを忘れてはいけません。
賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意

楽器持ち込み可能な賃貸物件について

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在は顧客にニーズに合った様々な賃貸物件があります。以前は騒音などの影響から禁止されることの多かった楽器も持ち込みが許されている物件もあり、音大生などに大変喜ばれています。こういった物件の殆どは、壁に防音設備を施している事が多く、近隣への音の影響をなるべく抑えた作りになっています。しかし、いくら楽器が許されているからといって、周囲の住民全てが音大生で楽器演奏に関して寛容な人達であるとは言い切れません。物件を契約する前には、周囲の住民の理解はどうか、楽器を演奏する時間に制限はあるかなど管理会社によく確認しておきましょう。音に関する近隣トラブルは大変多く、その事が原因で大きな問題に発展しかねません。防音設備も100パーセント有効ではありませんし、夏場窓を開けたまま演奏をしていると物件の住民だけでなく近隣の家にも音が聞こえてしまい迷惑になることがあります。演奏の際はまず周囲への気遣いが大変重要です。

又、楽器による物件の破損にも気をつけなければいけません。楽器を持ち込む際、壁や床を大きく傷つけてしまうと、その後修繕費を求められる場合がありますので注意が必要です。楽器可の物件はそういった細かい注意が必要なのです。

Copyright (C)2017賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意.All rights reserved.