楽器可能の賃貸物件で、演奏の音にクレームをつけると注意されるルールがあります。演奏する人のための物件です。
賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意

楽器可能の賃貸物件で注意される人

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルールを守っていない人に対して、きちんと注意できる人は偉い人だと思います。悪いことだと思ってはいながら、見て見ぬふりをすることはあります。一方で、それをその人に伝えて、正す人もいます。人によっては、ルールを知らない人もいるからです。注意をされて、それに気づく人もいます。その人からすると、ルールを破るつもりはないのに破っていたことになります。おそらく指摘されたあとはルールに従って生活するようになるでしょう。

ある楽器可能の賃貸物件において、あるルールが決められています。これはこの物件だからある非常に嬉しいルールだそうです。そのルールとは、音に対してクレームを付けた人に対して注意ができることです。こちらにおいては、一応時間の設定がされています。何時から何時まで演奏しても良いことになっているのです。それ以外は禁止ですから、もし演奏していればクレームをつけられても仕方がありません。でも時間ないならクレームがあると練習ができなくなります。

住んでいる人にとっては気になるのかもしれませんが、あくまでもこの物件は楽器を演奏するための住居であることをアピールしています。その人達が心置きなく練習できるようになっているのです。

Copyright (C)2017賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意.All rights reserved.