楽器可能の賃貸においては、防音設備があるとは限りません。一般の建物を可能にしているだけのことがあります。
賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意

楽器可能の賃貸で防音設備があるとは限らない

このエントリーをはてなブックマークに追加

趣味を持っている人がその趣味を自宅で行うことはあると思います。例えばギターを趣味にしている人がギターを弾いたりすることはあるでしょう。そのギターがフォークギターぐらいであれば、それほど大きな音がするわけではありません。壁の薄いアパートなどで弾きながら歌うとなると丸聞こえのこともありますが、通常のマンションぐらいであれば少し聞こえるぐらいでしょう。これがエレキギターとなると、隣にもどんどん聞こえることになります。

趣味程度ではなくて、本格的に楽器を演奏していることがあります。その場合の賃貸としては、楽器可能のところを選ぶことになるでしょう。楽器が可能かどうかを選ぶのは、通常は楽器を弾くのが禁止されているからです。どうしても可能となっているところを選ばないといけません。楽器を弾けば、少なからず他の部屋や廊下などに音が漏れることになります。それが迷惑になることがあります。可能なところは何らかの措置がされていると思いがちです。

本格的なところだと、防音設備がついているところがあります。その場合は他の部屋などには音が聞こえないようになっています。しかし、通常の建物などもあります。そういった物件においては、隣に聞こえることがあります。

Copyright (C)2017賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意.All rights reserved.