賃貸の楽器可物件は物件によって遮音性が違うので、それらのことも考慮して楽器の配置を考えよう
賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意

賃貸での楽器可物件では楽器の配置にも気を配ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件には楽器の利用が可能な楽器可物件がありますが、そのような賃貸物件は使える楽器の種類とどれぐらいの遮音性を持っているかに注意して選ぶ必要があります。実際に楽器可といっても駄目な種類のものがあったり、遮音性自体はそこまでないという物件もあるからです。

そしてそれらに加えて楽器可物件に住むのなら注意することは楽器の配置場所です。賃貸ではなく一戸建てに住んでいる方も分かると思いますが楽器というのは意外にスペースをとります。なのでその配置場所を考慮しないと邪魔になったり、偶然の拍子で壊してしまうということがあります。なのでそういった場合には部屋の隅辺りに置けば解決…となったらよいのですが残念ながらそれだけではまだ駄目でその賃貸物件の遮音性のことも考えて配置を考える必要があります。というのももし住んだ物件の遮音性があまりなかった場合には壁際に置いてしまうとダイレクトに音が他の部屋に伝わってしまってトラブルになるということがあります。特に壁際に置くことが多いとすればピアノであり、ピアノの配置を考える際には単純に部屋の隅に置こうとせずに遮音性のことも考慮する必要があるということです。そしてこれはピアノに限らず他の楽器も種類によって適応した配置場所を考える必要があります。

Copyright (C)2017賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意.All rights reserved.