賃貸物件で楽器可なのであれば物件がどんな構造でどんな条件なのかなどの確認は必須となります。
賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意

賃貸物件での楽器可の条件

このエントリーをはてなブックマークに追加

楽器可の賃貸物件住んだことがないので、あくまで客観的な意見となります。学生時代に多少楽器に興味もあったんで検討したことはありました。インターネットや話しを聞く限り、楽器可というのは防音がしっかりしているか全部屋音漏れ状態のようです。しっかり防音できているところはそんなに問題ないと思いますが、部屋と部屋の壁が薄く楽器可のところは当然ですが音がかなり漏れます。おそらくみんな同条件だからというようなことだと思います。みんな同条件なら仕方ないと思えるのであれば良いと思います。もし完全防音に近い物件を探すとなると大変かもしれません。これも聞いた話しですがそういった物件は少ないようです。

物件側の対応としては時間制で区切ったりしているようです。ほとんどのところが21時や22時くらいまで。学生などにはつらいような気がします。夕方まで学校行って、その後バイトなどしていたら時間までに帰宅することが出来ず、せっかく楽器可の物件に住んでも休みの日以外活かせないと思います。本気でミュージシャンや歌手を目指していたり、ある程度裕福な方はそういった環境にいた方が思う存分練習できると思うので住んでみても良いと思います。

Copyright (C)2017賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意.All rights reserved.