楽器可能な賃貸物件であれば周囲に気兼ねせず楽器を演奏できるが、それでも一定の配慮が必要になるはず。
賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意

賃貸物件ではお互いの配慮を忘れずに

このエントリーをはてなブックマークに追加

趣味の一つにギターがありまして、気分転換に弾き語りをすることがあります。ただし今の住まいは普通の集合マンションなので隣近所にはかなり気を遣います。それは楽器だけではなく生活音と言うのでしょうか、テレビの音とか話声とか、思いのままにとはいきません。自分が不快な思いをしないためには、自分自身が我慢しなくてはならないと誰しも意識しているはずです。

そんな環境に息苦しさを感じてきたら楽器可能な賃貸物件を検討する価値があるかもしれません。楽器可能。すなわち多少の音量は許容される=お互い様という前提があるので、あまり気を遣わないで済みそうです。友達が集まってどんちゃんするとか、真夜中に大音量のアンプを使用するとかしない限りは問題はないはずです。しかしここでふと思うのは周囲の住人の方はどういう感覚を持っているかという点です。先ほどの自分なりに気をつけようという感覚と同じかどうか。隣の住人はまるっきり気にしない人かもしれません。楽器可能という物件であってもそれなりの配慮は必要になるはずで、その感覚を持ち合わせていない方が住人だとちょっとしんどい思いをするかもしれません。

その点、内規があるとかルールが決まっているとか、管理人の方に相談できるとかといった要素が必要になると思います。例え楽器可能な物件であっても一定のルールの下、お互いに配慮しあう環境が必要であると思います。

Copyright (C)2017賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意.All rights reserved.