音大生が練習環境と快適な住環境を一挙両得するための賃貸選びの裏技を、私の経験を元に記述してみました。
賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意

音大生にとっての賢い賃貸選びについて。

このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽大学に通っておられる学生さんというのは、当然将来その道のプロとして食べていこうとお考えになられている方が大半なので、毎日の授業に出ているだけでなく帰宅してからも一生懸命練習しておかないと、スグに落ちこぼれてしまうという厳しさがあります。

という訳で各音楽大学の周辺には、深夜まで楽器演奏ができる賃貸物件が大変多い訳ですが、流石に大型のグランドピアノを置くとなると、それだけで居住スペースを大幅に削減されてしまいますし、かといって大きな部屋を自分一人だけで借りるとなると、月々支払う家賃の負担も相当重くなってしまいますので、音楽大学に通っておられる学生さんにとっては、お部屋選びというのはなかなか頭を悩ませる問題なようです。

ちなみに私も去年某音楽大学を卒業したばかりなのですが、そういった際には是非最近流行している「ルームシェア」を検討されてみる事を強くオススメします。つまり同じ学部に通う複数人で一緒に大きなお部屋を借りて、時間を決めて皆が一台のグランドピアノを使って練習できるようにするという訳です。こうすれば一人当たりの家賃負担は、自分一人で部屋を借りて住むのとそう変わりませんし、グランドピアノのために居住スペースを制限されてしまうといった心配も無いので、非常に快適に生活する事ができますよ。

Copyright (C)2017賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意.All rights reserved.