賃貸の楽器可物件では全ての楽器をいつでも演奏できるわけではありません。事前に条件をよく調べる必要があります。
賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意

賃貸の楽器可物件における注意点について

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件の中には楽器可物件というものがあります。楽器を演奏しても問題がないという物件ですが、音楽大学がある地域に比較的多くあるようです。このような物件を借りる際の注意点をいくつか挙げてみますので、参考にしてみてください。

楽器可物件といっても、24時間いつでも楽器を演奏してもよいわけではありません。借りる前には必ず演奏することができる時間帯を確認しておくことをおすすめします。また楽器可物件であればアパートの造り自体が防音構造であると考える人が多いかもしれません。しかし残念ながらそのようなことはなく、通常の物件を楽器可物件として利用している場合がほとんどです。従って多くの場合、他の入居者が演奏する音が聞こえます。同様に自分の演奏する音も他人に聞こえるためお互い様ということになります。中でも鉄筋造りの楽器可物件は音がよく聞こえるため、選ばないようにすることをおすすめします。さらに全ての楽器を演奏してもよいわけではありません。トランペットなどの管楽器やドラムなどの打楽器は演奏が禁止されている物件もあります。

このようにたとえ楽器可物件であっても全ての楽器をいつでも演奏できるわけではないため、条件について事前によく確認しておくことが大切です。

Copyright (C)2017賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意.All rights reserved.