一口に楽器可の賃貸物件といっても、設備はいろいろです。自分に合うものを選ぶことが大切です。
賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意

楽器可の賃貸物件の種類

このエントリーをはてなブックマークに追加

楽器可の賃貸物件といっても、種類が色々あるのだそうです。どの物件でも防音が完璧で、いくらでも演奏ができるなどということはありません。まずは防音設備の整った物件です。これはある程度防音できるため、比較的安心な物件です。中には、24時間いつでも楽器を弾いて大丈夫、というところもあるようです。でもたいていの場合には、朝の10時から夜の8時など、時間が決められているようです。音楽大学周辺などの物件では、朝9時から夜9時までオーケーなど、時間帯が長いところもあります。また、防音設備はあまり整っていないけれど、入居者がみんな音大生などで、「おたがいさま」の精神で成り立っている物件もあります。学生はお金がなく、防音設備が整った物件はなかなか借りられません。こういう物件なら比較的安いので、学生にも安心して借りられます。

他には、楽器応相談の物件というのがあります。音大生や、音楽を仕事にしているひとではなくても、楽器を持っていてたまには演奏したい、という場合があります。本格的なプロならば専門の楽器可の物件がおすすめですが、趣味程度なら応相談の物件で聞いてみましょう。さらに、地下室のある物件もたまにあります。防音設備は特に整っていなくても、地下なので周囲に音が響きにくいため、楽器可のフロアとして使用しているのです。

Copyright (C)2017賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意.All rights reserved.