楽器が可能な賃貸も増えてきています。防音が出来る物件もありますが、常識として守るべきところもたくさんあります。
賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意

楽器が可能な賃貸の利用について

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸を借りるとき、楽器が可能な物件であることを条件に探している人もいると思います。例えば楽器の講師やミュージシャンなど音楽関係の仕事をしている人や、趣味で音楽をしている人には重要な条件であるといえます。もちろんそのような物件には防音設備がついていて、隣近所に音が漏れないようになっています。しかしそれでも常識の範囲内にとどめなければいけません。夜遅くや早朝はいくら防音がされていても迷惑になる時間帯なので、その時間は専用スタジオにこもるなどして隣近所に迷惑をかけないようにしたいですね。

また、ピアノなどの大きな楽器の場合、搬入の問題が出てきます。階が高かったり、ドアが狭かったりするとベランダからの搬入も考えなければいけません。その分、お金が高くついたりする場合もあります。搬入業者と物件の管理業者には十分確認しておく必要があります。また物件によっては楽器の種類によって可か不可か決まる場合もあります。クラシック系の楽器は良くてもバンドなどが使用する楽器はダメな場合もあるのできちんと確認をしましょう。また楽器は環境によって音が変わる場合もあるので、自分でも色々勉強して、手入れや環境作りには気を遣うようにしましょう。

Copyright (C)2017賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意.All rights reserved.