賃貸の楽器可のマンションを契約する前に、不動産屋さんに確認しなければならないことがあります。
賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意

賃貸の楽器可のマンションで演奏できる楽器の確認

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の友人は、幼い頃からピアノを習っていました。そして、彼女がずっと入学をしたいと思っていた音大にも合格をしました。そして今、彼女は、実家でピアノの先生として働いています。彼女は、子ども達から大人まで、様々な年代の人たちを相手に、ピアノを教えています。そんな彼女には、長年お付き合いをしている彼がいます。今年、彼女はその彼と結婚をすることに決めました。彼は、彼女にピアノの先生としての仕事を続けてほしいと思っています。その為、彼は、東京の楽器可の賃貸のマンションを探しているのだそうです。そして、後に彼女達がこれから住むマンションを決めた際には、契約をする前に、不動産屋さんに確認しなければならないことがあります。

それは、演奏をしても良い楽器の種類です。彼女は、幼い子ども達にピアノを教える際に、タンバリンやトライアングルなど、ピアノ以外の楽器を使いながら、音楽の楽しさも教えています。また、時には、トランペットの吹ける友人を呼んだりして、彼女自身、演奏を楽しんでいます。しかし、実は低音層の音の出る楽器というのは、音がとても響きやすいのです。その為、上や下の階に音が届いてしまう場合があるから、契約をする前に、確認しなければならないのです。

Copyright (C)2017賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意.All rights reserved.