楽器の演奏はよい趣味ですが、深夜の演奏や大音量の出る楽器などは賃貸物件では控えたほうがよいでしょう。
賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意

楽器可の賃貸の物件にも注意は必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

楽器を演奏するというのは、何歳になっても楽しいものです。一生続けられます。それに、人が集まれば演奏を披露して、皆からも喜ばれます。ですから、賃貸の物件に住む場合には、楽器可という物件がよいでしょう。しかし、楽器可といっても、どんな楽器でも、いつでも、演奏できるというわけではありません。基本的には深夜はまずいでしょう。たとえほとんど楽器の音が漏れていないと思われていても、深夜というのは、小さな音でも聞こえます。まして楽器の音はかなり遠くまで聞こえるものです。注意しましょう。

さらに、楽器可というのは、ピアノを想定した表現です。確かにピアノも強く叩けば大きな音が出るものです。そもそもピアノという楽器はピアノフォルテと言って、小さな音も大きな音も出るという意味があります。ピアノでもあまりガンガンするのは控えましょう。そしてピアノ意外の楽器、とくにトランペットなどはどんなに分厚い壁の部屋でも音はもれます。カプセルのような小部屋を室内に作って、そのカプセルのような小部屋でトランペットを練習するというわけです。これは音がもれなくてよいだけでなく、非常に上達するということでも有意義です。それから電気で音量を上げるもの、アンプで大音響を出すものは、これはやはり夜は控えましょう。そんなに大きな音をださなくても、よい音楽を演奏することは可能なのですから。

Copyright (C)2017賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意.All rights reserved.