賃貸住宅で楽器可能な物件を探す時に気を付けておきたい注意点などを下に挙げていきたいと思います。
賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意

賃貸における楽器可の物件について

このエントリーをはてなブックマークに追加

普段から楽器をたしなまれている方や、音楽大学などに通われている方の中には、ピアノなどの楽器を搬入して、普段から使っても構わな賃貸物件を探されている方もおられる事と思います。楽器可の賃貸で暮らす際に気を付けておきたい事や配慮しておきたい事などを書いていきます。

まず、ピアノを搬入希望の物件の場合、アップライトピアノ・グランドピアノのどちらのピアノを搬入したいのか、部屋によって搬入可能な大きさが異なるので、まずはその点について確認する事が必要です。そして、もう一点大切な事があります。それは楽器可の物件でも、何時から何時までピアノの練習など音を鳴らしても構わないのか。この点だけはきちんとはっきりと明確にしておかなければなりません。24時間大丈夫という場所もあれば、何時から何時までという時間を区切って楽器OKとしている賃貸もあります。

楽器可能であっても、全てが可能という訳ではなく、打楽器は禁じている物件やアンプを使用して使う楽器の搬入は禁じている賃貸物件もありますので、規約を事前に熟読してから貸主、借主の双方が十分に納得の上で入居する事が求められています。尚、ピアノを搬入する際に、不動産業者さん指定の運送会社で搬入するなどの規約がある場合がありますので、事前によく確認しておくことが大切です。

Copyright (C)2017賃貸で楽器が吹ける物件を探す時の注意.All rights reserved.